24 9月 2018

松本美枝子 / Mieko MATSUMOTO

松本美枝子 / Mieko MATSUMOTO

1974年生まれ、茨城県在住。人々の日常、人間と自然環境の移動、地質と産業の関わりなどをテーマにフィールドワークを行い、写真やテキスト、音などによる作品を発表する。2000年 第15回、第16回 写真ひとつぼ展入選。2004年 写真集「生温かい言葉で」が第4回平間至写真賞大賞受賞。主な展示に2018年 個展「The Second Stage at GG」#46「ここがどこだか、知っている。」(ガーディアン・ガーデン)など。2008年 詩人・谷川俊太郎とのコラーボレーションである写真詩集『生きる』(ナナロク社)などがある。アーティスト・ラン・スペース「水戸のキワマリ荘」の運営メンバー。

WORKS

1| 山のまぼろし /マルチスライドプロジェクション、音(各15分)、ラムダプリント/ 茨城県北芸術祭、2016
2| 有田三部作 2「月を見る」/ スライドプロジェクション(10分)、ラムダプリント、テキスト/ Saga dish & craft、 2017
3| 有田三部作 3「手紙」/ ラムダプリント、テキスト/ Saga dish & craft、2017
4| 個展「ここがどこだか知っている。」(インスタレーションビュー)/ガーディアン・ガーデン、2017
5| 考えながら歩く/ マルチスライドプロジェクション、音(各15分)/ ガーディアン・ガーデン、2017
All photo’s © Mieko MATSUMOTO

EXHIBITIONS

2017 個展「The Second Stage at GG」#46「ここがどこだか、知っている。」ガーディアン・ガーデン,東京2017
           アートプロジェクト「Reborn-Art Festival2017」, 宮城
2016 アートプロジェクト「茨城県北芸術祭2016」, 茨城
2016 個展「ぼう然/自若」kanzan gallery, 東京
2014 「原点を、永遠に。」東京都写真美術館, 東京
2014 アートプロジェクト「鳥取藝住祭2014」公式写真集「船と船の間を歩く」制作,鳥取
2010 「ヨコハマフォトフェスティバル2010」横浜赤レンガ倉庫, 横浜
2006 個展「クリテリオム68 松本美枝子」水戸芸術館, 茨城

CONTACT

info(at)miekomatsumoto.com
www.miekomatsumoto.com
www.cinra.net/interview/201709-matsumotomieko
bijutsutecho.com/magazine/interview/promotion/7014

Share: